ご挨拶

 

  経済産業省は、従来の太陽光発電推進から地熱、風力発電への普及を促進し、特に風力発電は再生可能
  エネルギー発電の象徴と位置付けられ、その目標発電容量は、2020年代の初めには1,000万キロ
  ワットと現在の3倍の計画となっています。
  風車は大形化が進み現在、大形風力発電開発は、ほとんどを大企業が占めています。
  弊社は、大企業ばかりの風力発電投資事業に個人、法人のみな様に気軽に投資参加頂ける中小形風力発
  投資事業スキームを開発いたしました。
  弊社、日本小形風力発電株式会社(略称:NSW)は中小形風力発電分野では世界で最も歴史が古く又
  生産量も世界一の中国、その上場トップメーカーの上海致遠グリーンエネルギー株式有限公司(通称:
  上海グリーンパワー社)との合弁会社として誕生しました。
  上海グリーンパワー社が開発製造した最新鋭機 [GHRE19.8] は昨年4月経済産業省からNK認証
  を頂き本格的に日本国内でFIT小形風力発電所認定販売が出来ることになりました。
  
   弊社は、日本でも有数な風の強いところであります秋田県男鹿半島海岸線沿いに土地を確保し、男鹿
  半島の有名な「なまはげ行事」にあやかり「なまはげ風力発電所群プロジェクト」をスタート致しまし
  た。この地区は年間平均風速も6.8m~7.3mと強い風が吹き高収益が期待されるプロジェクトです。

   最大の特徴は発電所群中央に「 なまはげ風力保守管理パーツセンター 」を設け20年間にわたって
  安定した事業収益の確保と投資家様の発電所運営管理が不要なシステムとなっております。
  是非この機会に「なまはげ風力発電」へ投資されますようお願い申し上げます。

  平成28年9月吉日       
                                    日本小形風力発電株式会社
                                    代表取締役  半澤 弘行